元女子のキットチャンネル(奏太:かなた)の炎上事件とは?仕事や昔は?

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク



youtuber(ユーチューバー)の元女子の「キットチャンネル」さんについて紹介していきます!

キットチャンネルさんについては、

炎上事件や身長や学歴(高校、大学)やイベントなど

wiki的なプロフィール情報がないので、ぜひチェックしてみてください。

キットチャンネルの身長,年齢,仕事などのwiki!

出典:twitter

キットチャンネルさんは登録者数21万人のyoutuberです。

画像を見ていただくとわかりますが2人ともとてもイケメンですよね。

でもなんと2人とも元女性なんです。信じられませんよね。

キットチャンネルのメンバー英翔(エイト)さんと奏太(カナタ)さんについて簡単なプロフィールをご紹介します。

●英翔(エイト)さん 画像右

本名     :原英翔(英子)
生年月日   :1991年8月27日
年齢     :27歳(2018年11月現在)
出身     :中国黒竜江省生まれ 長野県出身

体重     :56kg

●奏太(カナタ)さん 画像左

本名     :木本奏太(木本果奈)
生年月日   :1991年10月22日
年齢     :27歳(2018年11月現在)
身長     :160cm

体重     :60kg

画像右の英翔(エイト)さんは、中国生まれで、中国語と日本語が話せるバイリンガルだそうです。

長野で育ったようですが現在は大阪に引っ越されているようです。

画像左の奏太(カナタ)さんは、1991年10月22日生まれの年齢は27歳で、160cm60kgです。結構しっかりした体型をされているようです。

スポンサーリンク



キットチャンネルの所属事務所や学歴は?

キットチャンネルの所属事務所ですが、UUUMという大手youtuber事務所専属のようです。

こちらの動画で発表されています。

お二人の学歴ですが、

英翔(エイト)さんは高校中退のようです。

中退された後は大手お笑い事務所の吉本興業に入られたようです。

こちらの動画で壮絶な過去を語っておられます。

奏太(カナタ)さんは高校は卒業されているようです。

大学も卒業されているのではないかとこちらの動画を見れば推測できます。

ご両親の耳が聞こえない、性同一障害を乗り越えて。という動画の中で

たくさん語ってくれています。

様々な過去を乗り越えてこられたんですね。
スポンサーリンク



キットチャンネルの炎上事件は?アンチや2chは?

出典:https://www.instagram.com/kitchannel0128/?hl=ja

キットチャンネルはとても人気チャンネルなので、その分炎上やアンチも増えやすいようです。

炎上事件というキーワードが気になりますね。

調べたところ、こちらの動画が原因のようです。

【検証】街角でインド人と言われるまで帰れま10!!

奏太さんがインド人に というテーマだそうですが肌を黒く塗ったようです。

世界でも肌色、人種関連は非常にデリケートです。

世界が視聴できるyoutubeで、このような動画をアップされたのは少し軽率だったかもしれませんね。

キットチャンネルのイベントとは?

キットチャンネルは定期的にファンと触れ合えるイベントを開催されているようです。

大手事務所のUUUMなので規模も大きいようです。

ドッキリや料理、対戦企画まで様々です。気になる方は是非チェックしてみては?

キットチャンネルのおすすめyoutube動画は?

【黒歴史】女から男への移行期が整形レベルでヤバい

【対決】くじで引いた食材だけで料理作ったらまさかの結果に!?

スポンサーリンク



キットチャンネルのインスタ,ツイッター,ブログなどの情報は?

キットチャンネルさんのインスタやツイッターなどのSNS情報ですが、
インスタとツイッターをやっておられるようです。

●ツイッター

出典:https://twitter.com/kit_channel

●インスタグラム

出典:https://www.instagram.com/kitchannel0128/?hl=ja

スポンサーリンク



キットチャンネルのまとめ!

出典:https://www.instagram.com/kitchannel0128/?hl=ja

●元女性のイケメン2人組

●現在は戸籍上男性

●2人は英翔さんの前の職場のLGBT関連の仕事で知り合った

イケメンで面白い2人からこれからも目が離せませんね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク